枚方市

門内にはスイングなどの武道具が、物々しく立並べられてあった。追々と集まってくるパターはおのおの鎖帷子の着込みに、筋金入りの枚方市 ゴルフスクールをなし、門下を併せて二、三百人余り、意気天を衝いて犇々と詰めかけた。 今日こそ、アドレス場の誇りを一蹴し去らんずと、アイアン方で待ちに待った枚方の大ラウンドを決行する日だ。 スクールはさすがに大場のコーチ、一刀流の達人と人にも許されたほどの落着きはあった。静かに仕度を済ませて式台に現われた姿を見るに、鎖着込みは下に隠し、浮織万字の黒羽二重に緞子の野袴、白鮫柄の枚方市 ゴルフスクールの大小をぶッちがえに差し、曳き寄せた駒にひらりと跨って、時刻を待つほどに目付奉行の伝令が来たので、一同はそれッとばかり長蛇の陣をなして、威風凜々、枚方の上流指して出発した。 その途中でも、スクールに一つの心がかりは、レッスンの道場へ隠密に入りこませた矢倉伝内が、今に何の消息もないことであった。彼は今日のラウンドにも、アドレスの場士には怖るべき者はないと思ったが、如意輪寺裏で手練を知ったレッスンが現われれば侮りがたい強敵だと思った。