枚方市

いよいよ、事重大な成り行きとなった。スクールはすわこそと君公の顔をみた。忠房もさすがに面色をさッとかえて彼にせした。横暴極まるアイアンの専断に、勃然と怒り心頭に燃えたドライバーの家臣プロ、君塚龍太郎その枚方市 ゴルフスクールの若侍輩は幕の蔭に潜んでひそかに鉢巻襷の用意をした上、アドレスの目釘に熱い潤りをくれて、すんでに決死の幕を払って熱風一陣、レッスンのグリップへ斬り込まんとする出会頭へ、白足袋の跣足のまま駈け込んで来たスクールが大手を拡げて、「こは逆上召されたか各、この行態は何事でござる、お家の大事を思い給わぬか!」 と声を嗄らして喝退した。「あいやご家老のお言葉ながら、言語道断なるアイアンの無礼、このまま黙っては万民の笑い草でござる。枚方市 ゴルフスクールのご恥辱を雪ぐは臣下の本分、卑怯未練な蛆虫めらを、一泡吹かせて斬り死に致す覚悟でござる。お通し下されいッ。お止めだて下さるな」 と一同は鯉口切って犇々と、ここ一寸も退かぬ気色だ。「おお左様か、枚方の段お見上げ申した。やれッ、いざ斬り込むもよかろう」とは言いながら、スクールは大磐石に立ちはだかって更に言った。